ウォータープルーフのマスカラやアイライナーがにじむ!原因はまさかの油分!?

シェアする

こんにちは!水谷りの(@3zuta2_rin0)です。

「ウォータープルーフのマスカラやアイライナーを使っているのに、にじんじゃう!」と悩んでいませんか?

私も、ウォータープルーフのマスカラやアイライナーを使っているのに、下まぶたが黒っぽくなっていることがありました。

目薬を使ったり、泣いたりなど、アイメイクがにじむ原因になるようなことをしていないのに、なぜかにじんでしまいパンダ目に…。

どうやら、原因は油分だったようです。

そこで今回は、

  • 「なんでウォータープルーフのマスカラやアイライナーを使っているのに、にじんじゃうの?」
  • 「ウォータープルーフでにじんじゃう人は、どんなマスカラやアイライナーを選べばいいの?」

という疑問にお答えします。

スポンサーリンク

にじんじゃう原因はこれ!

油分が原因

ウォータープルーフのマスカラやアイライナーを使っているのに、にじんじゃう原因は…油分で、マスカラやアイライナーが落ちてしまっているから。

ユニちゃん
ユニちゃん

ウォータープルーフなのに、落ちちゃうってどういうこと?

実は、ウォータープルーフは水には強いのですが、油分には弱いんです。

なので、

  • クマに油分多めのコンシーラーを塗っている
  • リキッドファンデーションやクッションファンデーションなど、油分多めのファンデーションを使っている
  • オイリー肌で皮脂が出やすい

という場合は、マスカラやアイライナーが、油分でにじんでしまっている可能性があります。

ユニちゃん
ユニちゃん

ウォータープルーフって、無敵なイメージがあったけれど、そうじゃないんだね。

マスカラやアイライナーの選び方

フィルムタイプがおすすめ

油分多めのベースメイクを使う方や、オイリー肌の方は、油分に強いマスカラやアイライナーだと、にじみにくくなります。

ユニちゃん
ユニちゃん

油分に強いマスカラやアイライナーって、どんなもの?

油分に強いマスカラやアイライナーは、フィルムタイプです。

フィルムタイプだと、水分だけではなく油分にも強め。

なので、油分多めのコスメを使う方や、オイリー肌の方でもにじみにくくなりますよ。

しかも、38℃前後のぬるま湯でサッと落とすことができるので、メイク落としも楽々。

まとめ

ウォータープルーフのマスカラやアイライナーがにじんでしまう原因は、実は油分でした。

ウォータープルーフは、水分には強いのですが油分には弱め。

油分多めのベースメイクを使う方、オイリー肌の方だと、アイメイクがにじんでしまう可能性があります。

なので、水分だけではなく、油分にも強いフィルムタイプを選ぶと、にじみにくくなりますよ。

スポンサーリンク