使い切りコスメをレビュー【ジバンシィ プリズム・リーブル】

シェアする

こんにちは!水谷りの(@3zuta2_rin0)です。

今回の使い切りコスメは、ジバンシィのプリズム・リーブル(No.1 パステル・シフォン)です。

記事の内容は、

  • ジバンシィのプリズム・リーブルの使用感が知りたい
  • ジバンシィのプリズム・リーブルの粉質が知りたい

という方におすすめの内容となっています。

スポンサーリンク

詳細

ジバンシィのプリズム・リーブル(No.1 パステル・シフォン)を使い切り

  • 名前:プリズム・リーブル
  • ブランド:ジバンシィ
  • カテゴリ:ルースパウダー
  • 価格:8,500円
  • 容量:3g×4
  • サイズ:6.7cm×6.7cm×3.7cm
  • 付属品:専用パフ付き
  • 評価:5.0

よかったところ

プリズム・リーブルのよかったところは、

  • パウダーが驚くほど細かい
  • 乾燥しないのに崩れにくい
  • 粉っぽさがゼロ
  • ルースパウダーなのに消え落ちしない
  • 寒色でも黄み肌に馴染んで透明感が出る
  • いい香りで癒される
  • 高級感のあるおしゃれなパッケージ

の7点です。

パウダーが驚くほど細かい

プリズム・リーブルを初めて使ったときは、「こんな細かいパウダー、見たことない!」と、パウダーの細かさに感動しました。

パウダーの細かさを例えるなら、片栗粉のような繊細な感じです。

パウダーが細かいので、肌に溶け込むようにスッと馴染みます。

乾燥しないのに崩れにくい

私はオイリー肌なのですが、さすがに真冬は肌が乾燥します。

乾燥しているときにフェイスパウダーを使うと、肌がシワっぽく見えたり、粉っぽく見えたりするので嫌ですよね。

フェイスパウダーを使わないという方法もあるかもしれませんが、リキッドファンデーションを使っているので、フェイスパウダーは必需品…。

そんな中、プリズム・リーブルは、真冬に使っても肌が乾燥しないんです。

肌の水分を奪わないので、真冬でも粉っぽさがありません。


ですが、乾燥しないフェイスパウダーって、逆に皮脂で崩れやすいイメージありますよね。

プリズム・リーブルは、真夏に使っても皮脂で崩れませんでした。

真夏だと皮脂でテカってはきますが、あぶらとり紙で押さえるだけで、メイク直しが終わります。

乾燥しないのに崩れにくいので、プリズム・リーブルはオールシーズン使っていました。

粉っぽさがゼロ

プリズム・リーブルは、

  • パウダーが驚くほど細かい
  • 乾燥しないのに崩れにくい

ので、フェイスパウダーによくある粉っぽさがゼロでした。

パウダーが肌にスッと溶け込むので、透明感のあるふんわりとした仕上がりに。

ルースパウダーなのに消え落ちしない

ルースパウダーって、ふんわり仕上がる分、午後になると消え落ちしていることってありませんか?

私も他のルースパウダーを使っていたときは、午後になるとすっぴんのように、ルースパウダーが消え落ちしていることがありました。

ですが、プリズム・リーブルは、午後になっても消え落ちはせず、ルースパウダーのふんわりとした仕上がりが残っているんです。

なので、午後になって「すっぴんみたいになってる!」ということがありませんでした。

寒色でも黄み肌に馴染んで透明感が出る

ジバンシィのプリズム・リーブル(No.1 パステル・シフォン)はホワイト、グリーン、ブルー、パープル

私は「透明感は無」というような黄みよりの肌です。

また、ベースメイクは、ブルーやピンクが肌に馴染みにくく、白浮きしてしまいます。

なので、プリズム・リーブルのNo.1 パステル・シフォンを初めて使うときは、「寒色のパウダーって肌に馴染みにくいから心配…。」と思っていました。

ですが、プリズム・リーブルのNo.1 パステル・シフォンを使うと、白浮きはしないのに、肌がパッと明るくなり、透明感が出るんです。

「寒色のパウダーは白浮きして馴染まない。」という方でも、プリズム・リーブルのNo.1 パステル・シフォンは、肌に馴染むかもしれません。

いい香りで癒される

プリズム・リーブルは、いい香りがします。

肌にのせると、ほんのり香りがするので、メイクする時間が癒しの時間に変わりました。

香りは数分で消えてしまうので、大量に使わない限り、周りの人への匂いの心配はありませんよ。

高級感のあるおしゃれなパッケージ

プリズム・リーブルのパッケージ

プリズム・リーブルのパッケージは、高級感のあるおしゃれなパッケージです。

蓋の部分がプラスチックではなく、革のような素材でできています。

蓋を外すと、パウダーが4色入っているのでカラフルで可愛い!

大きいので持ち運びには向きませんが、テンションの上がるパッケージです。

イマイチだったところ

プリズム・リーブルのイマイチだったところは、

  • ケースが使いにくい
  • 専用パフがイマイチ

の2点です。

ケースが使いにくい

パウダーが出てくるところは、ジバンシィのロゴになっています。

ジバンシィのロゴから4色のパウダーが出てくるのですが、パフを揉みこまないと色が混ざらず、斑になってしまうんです。

しかも、パウダーが出てくる穴が小さいので、なかなかパウダーが出てこない…。

なので、ケースが使いにくいなと感じました。

ですが、ケースを逆さまにしてからパウダーをティッシュの上に出し、パフに揉みこんでから使うと使いやすかったです。

プリズム・リーブルは、たっぷりと使った方が肌が綺麗に見えたので、たっぷり使うのがおすすめ。

専用パフがイマイチ

プリズム・リーブルには専用のパフが付いています。

ですが、毛が短めであまりふわふわしていないので、パウダーがふんわりとつきにくかったです。

なので、私はチャコットのパウダーパフを使っています。

ケース内にはチャコットのパウダーパフは入らないので、内蓋代わりに専用のパフは残しておきました。

もし専用のパフを処分してしまい、内蓋代わりのものがない!という方は、ちふれのルースパウダーパフなら、ギリギリ入れることができましたよ。

どんな仕上がりになるの?

プリズム・リーブル(No.1 パステル・シフォン)の仕上がりは、

  • ふんわりとしたフォギー肌
  • サラサラになる
  • 色ムラなどのカバー力はない
  • 毛穴をぼかしてくれる
  • ラメ・パールなし

このような感じです。

フォギー肌とは?もやがかかったような、ふんわりとした質感のこと。

コスパどう?

私は週1~3でメイクをするのですが、プリズム・リーブルは約1年で使い切りました。

毎日メイクをされる方なら、3か月~半年くらいのコスパになります。

こんな人におすすめ

ジバンシィのプリズム・リーブル(No.1 パステル・シフォン)は、こんな人におすすめです。

  • ふんわりとしたフォギー肌になりたい人
  • 乾燥せず崩れないルースパウダーが欲しい人
  • 粉っぽくならないルースパウダーが欲しい人
  • 値段は問わず、使い心地のいいルースパウダーが欲しい人
  • 香り付きのコスメが好きな人

逆に、こんな人にはおすすめできません。

  • ツヤ肌、マット肌になりたい人
  • ルースパウダーにカバー力を求めている人
  • 持ち運びのしやすいルースパウダーが欲しい人
  • リーズナブルなルースパウダーが欲しい人
  • 香料が苦手な人

まとめ

プリズム・リーブルのよかったところは、

  • パウダーが驚くほど細かい
  • 乾燥しないのに崩れにくい
  • 粉っぽさがゼロ
  • ルースパウダーなのに消え落ちしない
  • 寒色でも黄み肌に馴染んで透明感が出る
  • いい香りで癒される
  • 高級感のあるおしゃれなパッケージ

の7点です。

プリズム・リーブルのイマイチだったところは、

  • ケースが使いにくい
  • 専用パフがイマイチ

の2点です。

値段が高めのルースパウダーですが、ふんわりとしたフォギー肌が簡単に作れて、メイクも崩れにくいので、購入してよかったです。

スポンサーリンク