日焼け止めを正しい量塗ってもベタつかない!おすすめをレビュー【体験談】

シェアする

こんにちは!水谷りの(@3zuta2_rin0)です。

日焼け止めの塗る量を間違えるとドンドン日焼けしちゃうかも!?で紹介した通り、日焼け止めは500円玉大塗らないと、効果が減少していまいます。

「メイクをするのに、日焼け止めを500円玉大も塗ったら、ベタベタしそう…。」「顔が白浮きしないかな?」と、心配になりますよね。

そこで、日焼け止めを500円玉大塗っても、メイクしやすいおすすめのものを、私の体験談に基づいて紹介・レビューします。

日焼け止めのレビューは、

  • 【ベタベタしない度】5つ星中
  • 【白浮きしない度】5つ星中
  • 【モロモロが出ない度】5つ星中
  • 【コスパの良さ】5つ星中
  • 【特徴】
  • 【総合点】5つ星中

のように、箇条書きで紹介しますね。

スポンサーリンク

スキンアクア モイスチャージェル(SPF35 PA+++) 110g

  • 【ベタベタしない度】5
  • 【白浮きしない度】4.5
  • 【モロモロが出ない度】5
  • 【コスパの良さ】5
  • 【特徴】500円玉大塗っても、ベタベタしにくく、白浮きもしない。また、消しカスのようなモロモロも出ない。しかし、アルコールがたくさん入っているため、顔が赤くなってしまった。
  • 【総合点】4

スキンアクア モイスチャージェル(SPF35 PA+++)は、500円玉大を顔に塗っても、ベタベタしにくく、白浮きしませんでした。

スキンアクア モイスチャージェル(SPF35 PA+++)を塗った直後から、スーっと肌に馴染んでいきます。

また、消しカスのようなモロモロも出なかったので、メイクがしやすかったです。

ですが、成分の先頭の方にアルコールが記載されていました。

ユニちゃん
ユニちゃん

「先頭の方にアルコールが記載されている」って、どういうこと?

成分は、多く入っている順に記載されます。

そのため、先頭の方にアルコールが記載されているということは、「アルコールがたくさん入っている」ということになります。

成分を確認せずに購入してしまったので、アルコールが入っていることに気が付きませんでした…。

アルコールが入っているのでリピートはできないのですが、使い心地がよかったので、おしい日焼け止めだなと感じました。

ニベアサン 高密着ケア UVミルキィジェル 80g SPF50+ PA++++

  • 【ベタベタしない度】4
  • 【白浮きしない度】4
  • 【モロモロが出ない度】5
  • 【コスパの良さ】4
  • 【特徴】顔に塗った直後はベタベタ・白浮きするが、5分程度置いてからハンドプレスするとベタベタ・白浮きせずに馴染む。モロモロは出ない。水や汗にも強い。しかし、SPF50+ PA++++のせいか、毎日使うと肌が疲れたような感じがする。
  • 【総合点】4

ニベアサン 高密着ケア UVミルキィジェル 80g SPF50+ PA++++は、500円玉大を顔に塗った直後は、ベタベタ・白浮きします。

ですが、5分程度置いてからハンドプレスすると、べたべた・白浮きせずに馴染みました。

また、モロモロも出ないので、メイクがしやすかったです。

「高密着ケア」と書いてある通り、水や汗にも強い。

ですが、SPF50+ PA++++と強めの日焼け止めなので、毎日使っていると、肌が疲れたような感じがしてしまいました。

なので、毎日使うのではなく、レジャーやスポーツなど長時間外にいるとき向きです。

まとめ

日焼け止めは、顔に500円玉大塗らないと効果が減少してしまいます。

ですが、日焼け止めを顔に500円玉大塗ると、ベタベタしたり白浮きしてしまうものもあります。

せっかくなら、妥協して日焼け止めを使うのではなく、紫外線を防ぎつつ、メイクも綺麗に仕上げたいですよね。

新しい日焼け止めを試すのが好きなので、顔に500円玉大塗っても大丈夫な日焼け止めが見つかったら、引き続き紹介しますね。

スポンサーリンク