末広二重さん向けのアイメイク【色っぽいけれど可愛い冬メイク】

シェアする

こんにちは!水谷りの(@3zuta2_rin0)です。

あっという間に12月になりました。

12月は、友達とパーティーや好きな人とクリスマスデートなど、イベントがたくさんありますよね。

たくさんイベントがある月だからこそ、シーンごとにアイメイクを変えてみませんか?

今回のテーマは「色っぽいけれど可愛い冬メイク」

「色っぽくしたいけれど、可愛くも見られたい!」というシーンで、おすすめのアイメイクです。

パープルのアイシャドウを使うので、「イエローベースだからパープルが馴染まない!」という方にもおすすめの内容となっています。

スポンサーリンク

アイメイク画像

アイメイク

末広二重の私が、色っぽいけれど可愛い冬メイクをイメージして、アイメイクをしてみました。

濃いめのパープルのアイシャドウを使うと、色っぽく&大人っぽく仕上がります。

ですが、濃いめのパープルだけだと可愛い仕上がりにはできなかったので、アイホールに暖かみのあるコーラルピンクを使いました。


また、マスカラはいつもより多め&目尻にたっぷり塗るのがおすすめです。

マスカラを目尻にたっぷり塗ると、色っぽい印象になりますよ。

アイメイク

目を閉じるとこんな感じです。

コーラルピンクをアイホールに塗り、ゴールドとパープルで縦割りグラデーションしました。

まぶた中央にはゴールド、目尻にはパープルが塗ってあります。

縦割りグラデーションするとどうなるの?アイシャドウを縦割りグラデーションすることによって、目の横幅が強調されて、大人っぽい印象にすることができるんです。

使ったアイシャドウ

シャネルとアディクション
  • 【シャネル】レ キャトル オンブル(37 ヴァリアシオン)(★のみ使用)
  • 【アディクション】ザ アイシャドウ(031 タイニーシェル)

このアイシャドウではなくても、お手持ちの

  • ラメ入りのゴールド
  • 濃いパープル
  • コーラルピンク

があれば、色っぽいけれど可愛い冬メイクができますよ。


パープルはブルーベース向けなので、イエローベースだと馴染みにくいですよね。

ですが、赤みのあるパープルなら、イエローベースでも馴染みやすいですよ。

また、苦手な色は単色で使うのではなく、肌に馴染みやすい色(コーラルやオレンジ、ブラウン)と組み合わせると、使いやすくなります。

アイメイクのやり方

シャネルやアディクションがなくても、誰でも色っぽいけれど可愛い冬メイクができるように、アイシャドウは色の名前で紹介します。

目尻に濃いめのパープルを塗る

アイメイクのやり方

目尻に濃いパープルを塗ります。

パープルは、ブラウンよりも華やかな印象なので、最初に塗りました。

締め色を最初に塗ると、ナチュラルに仕上がります。

濃いパープルを塗る範囲は、

  • 縦幅は、二重幅まで
  • 横幅は、目尻から黒目の外側まで

これよりも広く塗ってしまうと、濃いアイメイクになってしまうので、気をつけてくださいね。

アイホールにコーラルピンクを塗る

アイメイクのやり方

アイホールにコーラルピンクを塗ります。

コーラルピンクは、血色感がわかる程度まで塗って大丈夫です。

コーラルピンクの血色感で、パープルが馴染みやすくなりますよ。

濃いパープルをぼかす

アイメイクのやり方

濃いパープルをぼかします。

コーラルピンクでパープルを混ぜるようにぼかすと、よりパープルが馴染みます。

メイクブラシでアイメイクをしている方は、コーラルピンクがメイクブラシについたままぼかすといいですよ。

まぶたの中央にラメ入りのゴールドを塗る

アイメイクのやり方

まぶたの中央にラメ入りのゴールドを塗ります。

縦割りグラデーションを意識しながら塗ると、綺麗に仕上がりますよ。

広く塗り過ぎてしまうと、ギラギラした印象になってしまうので気をつけてくださいね。


ラメ入りのアイシャドウって、薄暗いところでもキラキラしますよね。

冬って、夜景を楽しんだり、水族館や薄暗いレストランに行くことが多いと思うんです。

そんなときに、ラメ入りのアイシャドウを塗っておくと、薄暗いところでも目元がキラッとしてとても可愛いですよ。

コーラルピンクとラメ入りのゴールドを混ぜて、下まぶたに塗る

アイメイクのやり方

コーラルピンクとラメ入りのゴールドを混ぜてから、下まぶたに塗ります。

コーラルピンクを濃いめに塗っても可愛いのですが、濃すぎると色っぽさ、大人っぽさがなくなってしまいます。

なので、コーラルピンクとラメ入りのゴールドを混ぜて、コーラルピンクの発色を控えめにしました。

まとめ

コーラルピンクとパープルを使うことによって、色っぽくも可愛くも見えます。

また、縦割りグラデーションすることによって、目の横幅が強調されて、大人っぽい印象に。

色っぽいけれど可愛い冬メイクのやり方は、

  1. 目尻に濃いめのパープルを塗る
  2. アイホールにコーラルピンクを塗る
  3. 濃いパープルをぼかす
  4. まぶたの中央にラメ入りのゴールドを塗る
  5. コーラルピンクとラメ入りのゴールドを混ぜて、下まぶたに塗る

です。

リップやチークは、落ち着いた大人っぽい色を選ぶと、統一感のあるメイクに仕上がりますよ。

スポンサーリンク