末広二重さん向けのアイメイク【秋のデートメイク】

シェアする

こんにちは!水谷りの(@3zuta2_rin0)です。

秋は涼しく過ごしやすいので、お出かけが楽しくなりますよね。

夏はお家デートだった人も、秋は外でデートをする人も多いはず。

秋メイクと言えば、濃いめのアイシャドウを使いたくなりますが、濃いめのアイシャドウだとクールに見えがち。

秋らしい雰囲気も出したいけれど、デートでは可愛く見られたいですよね。

そこで今回は、末広二重でも似合う、秋デート向けのアイメイクを紹介します。

スポンサーリンク

アイメイク画像

目を開けたアイメイク画像

末広二重の私が、秋デートをイメージしてアイメイクをしてみました。

デート向けのアイシャドウと言えば、ピンクとブラウンの組み合わせが定番ですよね。

ですが、秋メイクに鮮やかなピンクを使うと、秋らしい雰囲気がなくなってしまいます。

なので、落ち着いたピンクを使いました。

目を閉じたアイメイク画像

目を閉じるとこんな感じです。

落ち着いたピンクを使うことによって、秋らしい雰囲気と可愛さを出すことができます。

また、目尻にブラウンを使うことによって、秋らしい深みをプラス。

アイラインはあえて使わず、ナチュラルに仕上げました。

使ったアイシャドウ

リンメルとアディクション

  • 【リンメル】ショコラスウィート アイズ ソフトマット(002 マンゴーショコラ)(★のみ使用)
  • 【アディクション】ザ アイシャドウ(031 タイニーシェル)

このアイシャドウではなくても、お手持ちの

  • 濃いブラウン
  • 落ち着いたピンク

があれば、秋デート向けのアイメイクができますよ。


落ち着いたピンクの選び方は、

  • イエローベースの方は、コーラルピンク、サーモンピンク
  • ブルーベースの方は、ローズピンク、モーヴピンク

が馴染みやすいです。

どのピンクも、色が鮮やか過ぎると秋らしさがなくなってしまうので、気をつけてくださいね。

アイメイクのやり方

リンメルやアディクションがなくても、誰でも秋デート向けのアイメイクができるように、アイシャドウは色の名前で紹介します。

落ち着いたピンクをアイホールに薄く塗る

アイシャドウをアイホールに塗る

落ち着いたピンクをアイホールに薄く塗ります。

アイホールに落ち着いたピンクを濃く塗ってしまうと、濃いメイクになってしまいます。

なので、ふんわり塗るようにしましょう。

濃いブラウンを目尻に塗る

アイシャドウを目尻に塗る

濃いブラウンを目尻に塗ります。

濃いブラウンの塗る範囲は、

  • 縦幅は、二重幅まで
  • 横幅は、目尻から黒目の外側まで

このくらいだと、ナチュラルに深みを出すことができるのでおすすめ。

濃いブラウンをぼかす

アイシャドウをぼかす

濃いブラウンをぼかします。

アイシャドウをぼかすときは、アイシャドウのついていないメイクブラシ、チップ、指などを使いましょう。

ぼかす範囲を広げすぎると、濃いブラウンが目元に広がってしまいます。

なので、黒目の外側から目尻へ流すように、サッサッとぼかすといいですよ。

下まぶたに落ち着いたピンク、濃いブラウンを塗る

下まぶたにアイシャドウを塗る

濃いブラウンを下まぶたの目尻に塗ります。

次に、下まぶた全体に落ち着いたピンクを塗ります。

下まぶたに落ち着いたピンクを塗ると、可愛い目元にすることができます。

また、目尻に濃いブラウンを塗ることによって、パッチリとした目元に。

まとめ

落ち着いたピンクを使うことによって、秋らしい雰囲気と可愛さを出すことができます。

また、目尻にブラウンを使うことによって、秋らしい深みをプラス。

秋デート向けのアイメイクのやり方は、

  1. 落ち着いたピンクをアイホールに薄く塗る
  2. 濃いブラウンを目尻に塗る
  3. 濃いブラウンをぼかす
  4. 下まぶたに落ち着いたピンク、濃いブラウンを塗る

です。

平成最後の秋を、思いっきり楽しんでくださいね。

スポンサーリンク