SIXPLUSのアイメイクブラシ(7本セット)ってどうやって使うの?【体験談】

シェアする

こんにちは!水谷りの(@3zuta2_rin0)です。

SIXPLUSのアイメイクブラシ(7本セット)の使い方、ご存知ですか?

私は1年前に購入したのですが、アイメイク用のメイクブラシが7本もあると、使い方がわからなくて困っていました。

SIXPLUSのブラシ(11本セット)より、メイクブラシ(7本セット)の方が見たことのないブラシばかりで、使いこなすのに悪戦苦闘。

ですが、1年間SIXPLUSのメイクブラシ(7本セット)を使ってみて、ベストな使い方がわかったので紹介します。

スポンサーリンク

ぼかしブラシ

ぼかしブラシ

ぼかしブラシの使い方

アイシャドウのラメをのせるのに使います。

アイシャドウのラメって、アイシャドウチップだとつきすぎてしまいませんか?

指でアイシャドウラメをのせると、アイシャドウが指の油で固まってしまいますし…。

そんなとき、ぼかしブラシでアイシャドウのラメをのせると、ふんわりキラキラとのせることができるんですよ。

また、アイシャドウのグラデーションをブレンド(ぼかす)することもできます。

ぼかしブラシの特徴

アイシャドウのラメをふんわりキラキラのせることができますが、ブラシ自体はハリがあります。

なので、ベイクド製法のアイシャドウのラメものせることができます。

ユニちゃん
ユニちゃん

ベイクド製法とは、焼いて固めたアイシャドウのことだよ。

斜めアイシャドウブラシ

斜めアイシャドウブラシ

斜めアイシャドウブラシの使い方

アイホールにアイシャドウを広げるときに使います。

初めてみたときは、「使いにくそうなメイクブラシだなぁ」と思いました。

ですが、斜めアイシャドウブラの毛は斜めにカットされているので、丸みのあるアイホールにぴったりフィットするんです。

斜めアイシャドウブラシブラシの特徴

毛がやわらかめなので、アイシャドウをふんわりのせることができます。

4色パレットなら、2番目に明るい色をのせるときにちょうどいいです。

アイシャドウブラシ(中)

アイシャドウブラシ(中)

アイシャドウブラシ(中)の使い方

よく見かける形のアイシャドウですね。

一番明るいアイシャドウをアイホールに広げるときに使います。

斜めアイシャドウブラシより、アイシャドウをふんわりのせることができます。

アイシャドウブラシ(中)の特徴

スタンダードな形なので、アイシャドウブラシ(中)一本だけでもアイメイクを仕上げることができます。

単色アイシャドウを、アイシャドウブラシ(中)で一色グラデーションすると、垢抜けたおしゃれな雰囲気になりますよ。

斜めハイライトブラシ

斜めハイライトブラシ

斜めハイライトブラシの使い方

ノーズシャドウを入れるのに使います。

ブラシが平らにカットされているので、ノーズシャドウのような直線を書くことができるのです。

斜めハイライトブラシで、鼻の下にほんのりシェーディングを入れると、鼻の下が短く見えますよ。

斜めハイライトブラシの特徴

毛はフワフワしているのに、ノーズシャドウの発色がかなりよくなる不思議なブラシです。

発色のいいノーズシャドウを使っている方は、一度ティッシュオフしてからのせるとナチュラルに仕上がりますよ。

スモークブラシブラシ

スモークブラシ

スモークブラシの使い方

アイシャドウを濃いめにのせたいとき、目袋にアイシャドウをのせるときに使います。

4色のアイシャドウパレットなら、3番目に暗い色をスモークブラシでのせると立体感のある目元になります。

スモークブラシの特徴

ハリがあるので、色をしっかりのせることができます。

ブラシで目袋にアイシャドウをのせると、アイシャドウが目に入ってしまいませんか?

私は入ってしまうので、目袋にはブラシを使いませんでした。

ですが、スモークブラシだとアイシャドウを目袋に密着してくれるので、目にアイシャドウが入りません。

鉛筆ブラシ

鉛筆ブラシ

鉛筆ブラシの使い方

目尻に締め色をのせるときに使います。

私は締め色を目尻にのせるのが好きなのですが、アイシャドウチップだとつけすぎちゃうんですよね。

指だと、締め色が広がってしまうし…。

ですが、この鉛筆ブラシを使うようになってからは、ピンポイントで締め色をのせられるようになりました。

鉛筆ブラシの特徴

ブラシが小さいので、ピンポイントで目尻に色をのせることができます。

鉛筆ブラシで締め色を取るときは、締め色を「トントン」と取るとちょうどいい量がつきますよ。

鉛筆ブラシで締め色をゴシゴシと擦り取ってしまうと、目にアイシャドウが入ったり、まぶたにつけすぎてしまうので注意です。

斜めアイライナーブラシ

斜めアイライナーブラシ

斜めアイライナーブラシの使い方

アイライナーをひくときに使います。

斜めアイライナーブラシの特徴

SIXPLUSのブラシ(11本セット)のアイライナーブラシと比べると、こちらの方がハリがあってアイライナーを引きやすいです。

まとめ

SIXPLUSのメイクブラシ(7本セット)は、アイメイク用のブラシのセットです。

固くて使いにくい印象のベイクド製法のアイシャドウも、SIXPLUSのメイクブラシセット(7本セット)なら取ることができました。

また、アイメイク用のメイクブラシなので、、アイシャドウチップや指ではできない繊細な表現ができます。

慣れないうちはどう使ったらいいのか迷ってしまいますが、慣れてくると「このアイシャドウには、このメイクブラシ!」と選ぶことができるようになるので、メイクがもっと楽しくなりますよ。

スポンサーリンク