SIXPLUSのブラシ(11本セット)でポイントメイク【イラストあり】

シェアする

こんにちは!水谷りの(@3zuta2_rin0)です。

前回は、SIXPLUSのブラシ(11本セット)を使ったベースメイクのやり方を紹介しました。

今回はポイントメイク編です。

スポンサーリンク

アイシャドウ

グラデーション

アイメイクのやり方

使うブラシは、ハイライトブラシ、アイシャドウブラシ、アイライナーブラシです。

まずハイライトブラシで、アイシャドウの1番明るい色を取ります。

アイシャドウの1番明るい色を、アイホール全体に馴染ませていきましょう。

次に、アイシャドウブラシでアイシャドウの2番目に明るい色を取ります。

二重幅もしくはアイホール2/3までのせましょう。

最後に、アイライナーブラシで締め色を取り、まつ毛の生え際にそってアイラインを引きます。

ブレンド

アイメイクのやり方

使うブラシは、アイホールブラシです。

アイシャドウのグラデーションが終わったら、アイホールブラシを上から下にジグザクとブラシを動かしてブレンドします。

ブレンドすると、グラデーションの境界線が混ざるので綺麗なグラデーションになりますよ。

逆に、下から上にブラシを動かすとアイシャドウの濃い色が広がって、しっかりとしたメイクになります。

アイブロウ

使うブラシは、アイブロウブラシです。

アイブロウブラシで、パウダーアイブロウを取ります。

このとき、アイブロウブラシでガシガシとパウダーアイブロウを取ると、必要以上に取り過ぎてしまいます。

なので、パウダーアイブロウを取るときは、アイブロウブラシでパウダーアイブロウをそっとなでるように取りましょう。

眉毛を書くときは、眉尻から眉頭にかけて、だんだん薄くなるようにグラデーションします。

ユニちゃん
ユニちゃん

眉頭が濃くなると、垢抜けない印象になっちゃうから気をつけてね。

書き始めは、眉尻からスタートさせるとグラデーションしやすいです。

また、眉毛を一本一本書くようにアイブロウブラシを動かすと、ナチュラルに仕上がりますよ。

チーク

チークのやり方

使うブラシは、チークブラシです。

チークをのせるとき、チークブラシにどれくらいチークをつけていますか?

チークがもったいなくて少ししか取らないと、色ムラの原因になってしまいます。

ここは、たっぷりチークを取ってみましょう。

たっぷりチークを取ったら、念入りにティッシュオフします。

こうすることでチークブラシ全体にチークが広がり、色ムラを防ぐことができるんです。

チークをのせるときは、頬の一番高いところからスタートします。

チークブラシをクルクルと動かし、グラデーションすることで立体的な顔になりますよ。

まとめ

ポイントメイクで使うブラシは

  • ハイライトブラシ
  • アイシャドウブラシ
  • アイライナーブラシ
  • アイホールブラシ
  • アイブロウブラシ
  • チークブラシ

の6点です。

ブラシでメイクすると、アイシャドウチップやパフなどでは再現できないナチュラルな仕上がりになるので、是非挑戦してみてくださいね。

スポンサーリンク