SIXPLUSのブラシ(11本セット)でベースメイク【イラストあり】

シェアする

こんにちは!水谷りの(@3zuta2_rin0)です。

SIXPLUSのブラシ(11本セット)の使い方はわかったけれど、実際うまく使えるか不安だったりしませんか?

具体的なイメージを想像できないと、メイクするのが難しいですよね。

そこで、私なりのSIXPLUSのブラシ(11本セット)の使い方をイラストで紹介します。

今回はベースメイク編です。

スポンサーリンク

ティッシュオフは必ずしよう

ティッシュオフ

ブラシでメイクする前に、ブラシをしっかりとティッシュオフします。

余分なパウダーを落とさないと、パウダーが目に入ったり、メイクが厚塗りになって崩れやすくなってしまいます。

また、ブラシにパウダーを馴染ませることによって、綺麗にメイクを仕上げることができますよ。

ティッシュオフのやり方は、ブラシでパウダーを取ったら、ティッシュの上でクルクルと馴染ませるだけ!

ファンデーション

使うブラシは、ファンデーションブラシです。

日焼け止めと化粧下地を塗り終えたら、ファンデーションを塗ります。

ファンデーションブラシでファンデーションを取ったら、顔全体に馴染ませていきましょう。

このとき、頬はクルクルと馴染ませると毛穴を埋めることができます。

口元はよく動かす部分なので、ファンデーションが崩れやすいです。

なので、薄く塗るように心がけましょう。

コンシーラー

ベースメイクのやり方

使うブラシは、コンシーラーブラシです。

コンシーラーブラシでコンシーラーを取ったら、隠したいところにのせていきます。

このままだとコンシーラーが浮いて不自然なので、隠したいところと肌の境界線を、コンシーラーブラシや指などでぼかします。

このとき、隠したいところを触ってしまうと、コンシーラーが取れてしまうので注意です。

フェイスパウダー

使うブラシは、パウダーブラシです。

まず、パウダーブラシでフェイスパウダーを取ったら、ティッシュオフします。

ファンデーションの上からいきなりフェイスパウダーをのせると、まだらになってしまうので必ずティッシュオフしましょう。

「物足りないかな?」と思うくらいが厚塗りにならず、ちょうどいいですよ。

ハイライトとシェーディング

ベースメイクのやり方

使うブラシは、輪郭ブラシ小チークブラシです。

輪郭ブラシで、鼻筋、おでこ、目の下、ほうれい線、あご、それぞれにハイライトをのせます。

おでこは丸くハイライトを入れると、女性らしい丸みのあるおでこになりますよ。

ユニちゃん
ユニちゃん

ほうれい線にハイライトって入れていいの?

ほうれい線にハイライトを入れると、余計目立ってしまいそうと思うかもしれません。

ですが、ハイライトの明るさで、ほうれい線のくぼんでいる部分が目立ちにくくなります。

小チークブラシは、シェーディングを入れるのに使います。

フェイスラインに入れると小顔に、おでこの生え際に入れると女性らしい丸いおでこになりますよ。

まとめ

ベースメイクで使うブラシは、

  • ファンデーションブラシ
  • コンシーラーブラシ
  • パウダーブラシ
  • 輪郭ブラシ
  • 小チークブラシ

の5点です。

次回はポイントメイク編を紹介しますね。

スポンサーリンク