買ってよかった!オイリー肌向けのマスカラとアイライナーを紹介

シェアする

こんにちは!水谷りの(@3zuta2_rin0)です。

前回の記事、

こんにちは!水谷りの(@3zuta2_rin0)です。 「ウォータープルーフのマスカラやアイライナーを使っているのに、にじんじゃう!」と悩...

では、ウォータープルーフのマスカラやアイライナーは、油分に弱いということがわかりました。

オイリー肌や油分多めのベースメイクを使う場合は、水分や油分に強いフィルムタイプを使うと、にじみにくくなります。

私はオイリー肌で、青クマにコンシーラーを塗ったり、リキッドファンデーションを使うので、ウォータープルーフのマスカラやアイライナーはにじんでしまい困っていました。

そこで今回は、オイリー肌で油分多めのベースメイクを使う私が、愛用しているマスカラやアイライナーを紹介します。

記事の内容は、

  • ウォータープルーフのマスカラやアイライナーがにじんでしまう人
  • オイリー肌の人
  • クマにコンシーラーを塗ったり、リキッドファンデーションなど油分多めのベースメイクを使う人
  • 実際使ってみてよかった、オイリー肌向けのコスメが知りたい人

という方におすすめの内容となっています。

スポンサーリンク

デジャヴュ:ラッシュノックアウト エクストラボリュームa

デジャヴュ:ラッシュノックアウト エクストラボリュームa

  • デジャヴュ:ラッシュノックアウト エクストラボリュームa
  • カテゴリ:マスカラ
  • タイプ:フィルムタイプ
  • 仕上がり:ボリュームタイプ(だけど、ナチュラルな仕上がりでした)
  • 色:1色

デジャヴュのマスカラは、全てフィルムタイプです。

自分のなりたいイメージで、マスカラを選ぶことができるのがポイント。

マスカラの種類は、

  • ロングタイプ
  • ボリュームタイプ
  • 上向きタイプ(カールキープタイプ)
  • 部分用(下まつ毛用)
  • お得なセット
  • ボリュームタイプ:モカブラウン(バラエティストア限定)
  • 自まつげ際立タイプ(バラエティストア限定)
  • ロングタイプ:カラーマスカラ(バラエティストア限定)

と、8種類もあります。

仕上がり

マスカラの仕上がり

ラッシュノックアウト エクストラボリュームaの仕上がりは、こんな感じです。

ボリュームタイプなものの、画像の通りナチュラルな仕上がりになります。

マスカラ液は、ボリュームタイプにありがちなボソボソとしたタイプではなく、サラッとしたなめらかなタイプ。

マスカラ液がなめらかなので、ダマになりにくいです。

ナチュラルにボリュームアップしてくれるので、シーンを選ばず使うことができますよ。

ブラシの形

ブラシの形

ラッシュノックアウト エクストラボリュームaのブラシの形は、こんな形です。

やや丸みのある大きめのブラシなので、パッと塗ることができます。

大きめのブラシなので、まつ毛の根本は塗りにくいのですが、マスカラ液がなめらかなので塗り残ししにくいです。

持ち・落としやすさ

たっぷり塗っても、汗や皮脂、ベースメイクの油分などでにじむことはありませんでした。

もちろん、ぬるま湯でサッと落とすことができるので、メイクを落とすときも簡単です。

ユニちゃん
ユニちゃん

リピート回数5回以上!愛用しているマスカラだよ。

メイベリン ニューヨーク:スナップスカラ

メイベリン ニューヨーク:スナップスカラ

  • メイベリン ニューヨーク:スナップスカラ
  • カテゴリ:マスカラ
  • タイプ:ジェルインクタイプ
  • 仕上がり:ナチュラル
  • 色:5色(ブラウンを購入)

マスカラはデジャヴュを愛用していたのですが、コスメのパッケージを黒で統一したかったので、スナップスカラを購入してみました。

スナップスカラは、フィルムタイプではなくジェルインクタイプです。

ユニちゃん
ユニちゃん

ジェルインクタイプって何?

ジェルインクタイプとは、水ベースで作られたマスカラ液のことです。

ワックスやファイバーは使っていません。

水ベースだと、まつ毛の表面がなめらかな仕上がりになるんですよ。

仕上がり

仕上がり

スナップスカラの仕上がりは、こんな感じです。

ブラウンを使っていることもあって、とてもナチュラルな仕上がりになります。

マスカラ液はなめらかなものの、やや重めです。

なので、重ね塗りをするとダマっぽくなってしまいます。

重ね塗りではなく、1度塗りだと綺麗に塗ることができました。

水ベースで作られたマスカラ液のおかげで、ツヤ感のあるまつ毛にすることができます。

ブラシの形

ブラシの形

スナップスカラのブラシの形は、こんな感じです。

先端が細くなっているので、目頭や目尻が塗りやすい!

1度塗りで目頭や目尻を塗ることができるので、重ね塗りをする必要がありません。

持ち・落としやすさ

フィルムタイプと同じように、水分や油分に強かったので、にじむことがありませんでした。

また、ぬるま湯でサッと落とすこともできます。

ユニちゃん
ユニちゃん

ナチュラルメイクが好きな人向け!ツヤ感のあるまつ毛になるよ。

メイベリン ニューヨーク:ラッシュセンセーショナル プライマー

メイベリン ニューヨーク:ラッシュセンセーショナル プライマー

  • メイベリン ニューヨーク:ラッシュセンセーショナル プライマー
  • カテゴリ:マスカラ下地
  • タイプ:フィルムタイプ
  • 仕上がり:ボリュームタイプ
  • 色:1色

ラッシュセンセーショナル プライマーは、マスカラを塗る前に塗るマスカラ下地です。

まつ毛美容液成分が入っているので、日中でもまつ毛をケアすることができます。

仕上がり

仕上がり

ラッシュセンセーショナル プライマーを塗ってから、デジャヴュのラッシュノックアウト エクストラボリュームaを塗りました。

マスカラの比較

ラッシュセンセーショナル プライマーのありなしを比較すると、こんな感じです。

ラッシュセンセーショナル プライマーを塗った方が、あきらかにボリュームアップ!

マスカラを重ね塗りするよりも、ラッシュセンセーショナル プライマーを塗った方が簡単&綺麗に、まつ毛をボリュームアップすることができますよ。

ブラシの形

ブラシの形

ラッシュセンセーショナル プライマーのブラシの形は、こんな感じです。

太めのブラシで、素材はシリコンっぽい柔らかいものでできています。

まつ毛の根本からしっかり塗ると、ブラシが目に入ってしまい痛かった経験あり。

なので、まつ毛をなでるようにスッと塗っていくと、上手く塗れました。

持ち・落としやすさ

ラッシュセンセーショナル プライマーを塗ると、まつ毛のカールを1日中キープしてくれました。

また、水分や油分にも強く、にじむことはないのに、ぬるま湯でサッと落とすことができます。

ユニちゃん
ユニちゃん

ボリュームアップ&カールキープするマスカラ下地だよ。

ケイト:スーパーシャープライナーEX

ケイト:スーパーシャープライナーEX

  • ケイト:スーパーシャープライナーEX
  • カテゴリ:リキッドアイライナー
  • タイプ:フィルムタイプ
  • 色:3色(BR-1 濃いブラウンを購入)

スーパーシャープライナーEXは、

  • フィルムタイプ
  • ペンてると共同開発した極細筆
  • ブラウンがある

という理由で購入しました。

仕上がり

仕上がり

スーパーシャープライナーEXの仕上がりは、こんな感じです。

色は、BR-1(濃いブラウン)を使っています。

筆ペンで有名なペンてると共同開発した極細筆だったので、「これは絶対書きやすいだろうなあ。」と思いました。

使ってみると、予想通り、とても書きやすいアイライナーです。

筆にコシがあるので目尻のハネが書きやすく、極細筆のおかげで細いアイラインもパッと書くことができます。

筆の形

筆の形

スーパーシャープライナーEXの筆の形は、こんな感じです。

画像の通り、かなり細めの筆です。

「アイライナーの筆が細いと、すぐへたっちゃう。」「アイライナーの液が詰まって、思うように書くことができない。」という経験はありませんか?

私も、上記のような経験があるので、極細筆のアイライナーは苦手でした。

ですが、スーパーシャープライナーEXは、筆にコシがあるのでへたりにくく、アイライナーの液も詰まることがありません。

アイラインをスルスルと書くことができます。

持ち・落としやすさ

フィルムタイプのアイライナーなので、水分や油分に強く、にじむことはありませんでした。

ですが、ぬるま湯だと落としにくかったです。

メイク落としだと、スルッと落とすことができました。

ユニちゃん
ユニちゃん

にじまない!書きやすい!プチプラ!なリキッドアイライナーだよ。

まとめ

オイリー肌で油分多めのベースメイクを使う私が、愛用しているマスカラやアイライナーは、

  • デジャヴュ:ラッシュノックアウト エクストラボリュームa
  • メイベリン ニューヨーク:スナップスカラ
  • メイベリン ニューヨーク:ラッシュセンセーショナル プライマー
  • ケイト:スーパーシャープライナーEX

です。

ウォータープルーフのマスカラやアイライナーだと、下まぶたがにじんでしまい困っていたのですが、このマスカラやアイライナーだとにじみません。

夏場やスポーツをするときでもにじまないので、手放せないです。

スポンサーリンク