ビフェスタ クレンジングオイル ブライトアップを1ヶ月使ってみた!

シェアする

こんにちは!水谷りの(@3zuta2_rin0)です。

@cosmeさんのモニター企画で、ビフェスタ クレンジングオイル ブライトアップが当選しました!

ビフェスタ クレンジングオイル ブライトアップは2018年8月27日発売の、新作だそうですよ。

1ヶ月使用したので、使用感や、よかったところ・イマイチだったところなどをレビューします。

スポンサーリンク

よかったところ

ビフェスタ クレンジングオイル ブライトアップのよかったところは、

  • サラサラとしたテクスチャー
  • しっかりメイクでも落ちる
  • メイクを落とした後、肌が乾燥しない
  • いい香りがする
  • アルコールフリー

です。

サラサラとしたテクスチャー

クレンジングオイルの伸びが悪いと、なかなかメイクとクレンジングが馴染まないですよね。

クレンジングは長時間やると、肌に必要な皮脂まで取ってしまうので、ササッと済ませたいところ。

ビフェスタ クレンジングオイル ブライトアップは、オイルがサラサラなので肌に伸ばしやすいです。

なので、ササッとメイクを落とすことができました。

しっかりメイクでも落ちる

メイクをしっかりすると、なかなかクレンジングで落とせないことってありますよね。

メイクを落とせないからといって、肌をゴシゴシこすると、黒ずみの原因になってしまいますし…。

私のメイクは、

  • 日焼け止め
  • 化粧下地
  • リキッドファンデーション
  • コンシーラー
  • フェイスパウダー
  • アイシャドウ下地

と、しっかりベースを作るメイクです。

なので、「メイクが落ちなかったらどうしよう…。」と不安でした。

ですが、ビフェスタ クレンジングオイル ブライトアップはしっかりメイクをしても、メイクを落とすことができました。

メイクを落とした後、肌が乾燥しない

クレンジングオイルでメイクを落としたあと、肌が乾燥するものってありますよね。

肌がつっぱったり、パサパサしたり…。

ビフェスタ クレンジングオイル ブライトアップも、メイクを落とした後、肌が乾燥しないか心配でしたが、1ヶ月使用しても肌は乾燥しません。

ですが、メイクを落としたあとは、特別しっとりするわけではないので、すぐ保湿をした方がいいなと感じました。

いい香りがする

クレンジングって、肌に直接のせるので、匂いが嫌でも香ってしまいますよね。

臭いクレンジングだと、気分もダウン…。

ビフェスタ クレンジングオイル ブライトアップは、柑橘系の爽やかな香りだったのでクレンジング中も香りで癒されます。

香りの強さは、ほんのり程度なので、匂いに敏感な方でも使いやすいかなと感じました。

なんで、柑橘系の香りがするのかなと思ったので調べてみると、マンダリンオレンジ果皮エキス(角質柔軟)が入っているそうですよ。

アルコールフリー

私は、お酒が全く飲めないということもあり、アルコールがたくさん入っているコスメを使うと、肌が赤くなってしまいます。

なので、化粧水や日焼け止め、クレンジングなど、肌に直接つけるものはアルコールフリーを選ぶようにしているんです。

ビフェスタ クレンジングオイル ブライトアップは、香料フリー、着色料・防腐剤フリー、アルコールフリー。

それに加え、天然由来の美容オイルも入っているので、肌に優しそうなものが配合されていたので嬉しかったです。

イマイチだったところ

ビフェスタ クレンジングオイル ブライトアップのイマイチだったところは、

  • ブライトアップ効果は感じられなかった
  • オイルがサラサラなので、垂れやすい
  • 使う量を増やさないと肌への摩擦が心配

です。

ブライトアップ効果は感じられなかった

ビフェスタ クレンジングオイル ブライトアップは、くすみの原因となる古い角質をオフして透明感のある明るい肌にする効果があるそうです。

ですが、1ヶ月使ってみても、ブライトアップ効果はイマイチ感じられず…。

ブライトアップ効果は感じられなかったものの、詰まった角栓が取れたので、角栓には効果がありました。

クレンジングオイルがサラサラなので、垂れやすい

クレンジングオイルがサラサラなので垂れやすく、手首が汚れてしまうことがありました。

メイクを落としてからお風呂に入る分には困らないのですが、お風呂に入らないときは、手首が汚れてしまうので少し困ってしまいます。

使う量を増やさないと肌への摩擦が心配

パッケージには、「適量は2プッシュ程度」と記載されていたので、2プッシュ使ってみると…。

オイルがサラサラで肌馴染みがいい分、すぐ馴染んでしまうので肌への摩擦が心配でした。

なので、4プッシュくらい使ってみると、肌をこすることなくメイクを落とすことができたので、2プッシュよりも多めに使った方がいいですよ。

ビフェスタ クレンジングローションとの違いは?

ビフェスタ クレンジングオイル ブライトアップは、

  • クレンジングオイル
  • 濡れた手や顔にも使える
  • 手に取ってメイクを落とす

という特徴があります。

逆に、ビフェスタ クレンジングローションは、

  • 水クレンジング
  • 濡れた手や顔には使いにくい
  • コットンに取ってメイクを落とす

という特徴があります。

ビフェスタ クレンジングローションも使ったことがあります。

ビフェスタ クレンジングローションは、水クレンジングなので、さっぱりとした使い心地です。

なので、しっかりメイクだと落としにくかったです。

また、ビフェスタ クレンジングローションはコットンに取って、メイクを落とします。

化粧水の効果もあるそうなので、「お風呂は入らないけれどメイクは落としたい!」というときにピッタリなクレンジングだなぁと感じました。

なので、

  • しっかりメイクを落としたい
  • コットンは使わず、手でメイクを落としたい
  • お風呂に入る前にメイクを落としたい

という方は、ビフェスタ クレンジングオイル ブライトアップ。

  • 薄化粧を落としたい
  • お風呂は入らないけれど、メイクは落としたい

という方は、ビフェスタ クレンジングローションがおすすめです。

ビフェスタ クレンジングオイル ブライトアップの成分

ビフェスタ クレンジングオイル ブライトアップの成分は、以下の通りです。

ミネラルオイル、パルミチン酸エチルヘキシル、ヒマワリ種子油、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、イソステアリン酸PEG-8グリセリル、ジオレイン酸ポリグリセリル-10、コメ胚芽油、ラベンダー油、ローズマリー葉油、ニオイテンジクアオイ油、エンピツビャクシン油、マンダリンオレンジ果皮エキス、ジプテリクスオドラタ豆エキス、チューベロースエキス、パンテノール、オクチルドデカノール、酢酸トコフェロール、クエン酸トリエチル、BG、水

こんな人におすすめ

ビフェスタ クレンジングオイル ブライトアップは、こんな人におすすめです。

  • 普段、しっかりメイクをする人
  • 肌が乾燥しないクレンジングオイルが欲しい人
  • 肌馴染みのよいクレンジングオイルが欲しい人
  • ダブル洗顔不要のクレンジングオイルが欲しい人
  • プチプラで質のよいクレンジングオイルが欲しい人
  • アルコールフリーのクレンジングオイルが欲しい人

逆に、こんな人にはおすすめできないです。

  • クレンジングオイルが苦手な人
  • お風呂には入らないけれど、メイクを落としたい人
  • クレンジングのテクスチャーは、重めのものが好きな人

まとめ

ビフェスタ クレンジングオイル ブライトアップは、サラサラとしたテクスチャーで、メイクとの馴染みがよかったです。

また、メイクを落とした後でも、肌は乾燥しませんでした。

アルコールが肌に合わない私にとって、アルコールフリーは嬉しかったです。

ただ、ブライトアップ効果が感じられなかったこと、サラサラとしたテクスチャーなので手首が汚れること、使う量を増やさないと肌への摩擦が心配なところがイマイチかなと感じました。

ですが、使い方を変えると、使いやすいクレンジングでしたので、イマイチなところはあまり気にならないです。

いかがでしたか?

ビフェスタ クレンジングオイル ブライトアップは、プチプラで、肌馴染みがよく、肌が乾燥しない、いいところを詰め合わせたクレンジングオイルなので、クレンジングオイルを探している方は、是非試してみてくださいね。

スポンサーリンク