青クマにはどうやってコンシーラーを塗ったらいいの?

シェアする

こんにちは!水谷りの(@3zuta2_rin0)です。

コンシーラーで青クマを消したいけれど、「コンシーラーの塗り方がわからない。」、「コンシーラーを指で馴染ませると、コンシーラーが剥げて青クマが出てきちゃう。」と困っていませんか?

コンシーラーがあれば、青クマをなかったことにできるので、とても便利です。

そこで今回は、青クマを消すときの、コンシーラーの使い方を解説します。

具体的には、

  • 青クマが気になる方
  • コンシーラーの塗り方がわからない方
  • コンシーラーを上手く塗ることができない方

におすすめの内容となっています。

スポンサーリンク

コンシーラーはいつ使えばいいの?

コンシーラーをいつ使ったらいいのかわからないですよね。

実は、ベースメイクによって、コンシーラーを使う順番は違うんです。

化粧下地のみの場合

化粧下地→フェイスパウダー

の順でベースメイクをされる方は、

化粧下地→コンシーラー→フェイスパウダー

このように、化粧下地の次にコンシーラーを使います。

パウダーファンデーションを使う場合

化粧下地→パウダーファンデーション

の順でベースメイクをされる方は、

化粧下地→コンシーラー→パウダーファンデーション

このように、化粧下地の次にコンシーラーを使います。

リキッドファンデーションやBBクリームなどを使う場合

化粧下地→リキッドファンデーション→フェイスパウダー

もしくは

BBクリーム or クッションファンデーション

の順でベースメイクをされる方は、

化粧下地→リキッドファンデーション→コンシーラー→フェイスパウダー

もしくは

BBクリーム or クッションファンデーション→コンシーラー

このように、リキッドファンデーション、もしくはBBクリームの次にコンシーラーを使います。

ポイント
パウダーの後にコンシーラーを塗ってしまうと、ダマになったり、ひび割れてしまいます。
なので、コンシーラーは、パウダーの前に塗ると覚えておきましょう。

青クマを消すときの、コンシーラーの使い方

青クマからはみ出さないように、コンシーラーを塗る

青クマからはみ出さないように、コンシーラーを塗っていきます。

コンシーラーを塗るときは、指やブラシなど、自分が塗りやすいもので塗っていきましょう。

私はスティックタイプのコンシーラーを使っているので、直接塗っています。

コンシーラーの周りを馴染ませる

コンシーラーの周りを馴染ませていきます。

指やブラシでもコンシーラーを馴染ませることはできますが、私は水で濡らしたスポンジがおすすめです。

水で濡らしたスポンジの方が、ムラなく仕上げることができますよ。

もし、青クマに塗ったコンシーラーがムラになってしまったときは、「ポンポン」と軽く馴染ませる程度にしておきましょう。

青クマを触り過ぎると、せっかく消した青クマが出てきてしまうので気をつけてくださいね。

まとめ

ベースメイクによってコンシーラーの塗る順番は違います。

フェイスパウダーやパウダーファンデーションなど、パウダーの後にコンシーラーを塗ってしまうと、ダマやひび割れの原因に。

なので、コンシーラーはパウダーの前に塗るといいですよ。

青クマをコンシーラーで消す場合、

  • 青クマからはみ出さないように、コンシーラーを塗る。
  • 指やブラシ、スポンジなどで、コンシーラーの周りを馴染ませる。

たったのこれだけで、青クマを消すことができます。

青クマがあると、せっかくのメイクが台無しになってしまいますよね。

ですが、コンシーラーがあれば青クマを消すことができるので、ぜひ塗り方をマスターしてみてくださいね。

スポンサーリンク